王道から裏技まで!お金を借りる方法とは?!

どこで借りるか?それが問題です

お金に困ったり、大きな買い物をするためにローンを組む時、あなたはどこからお金を借りますか?個人で賄える範囲の金額なら、身内や友人に頼むという人もいるかもしれません。しかし親しい間柄での金銭貸借は、気安さから返済が延ばし延ばしになってしまうケースも多いようです。金銭がらみで人間関係が壊れる恐れもあります。借用書を書き、返済期限をしっかり確認するなど、曖昧にならないよう気を付けてください。住宅購入費や教育費の借り入れには、日本政策金融公庫など公的機関から借り入れができる場合があります。公的機関からの借入は、民間金融機関に比べて低金利で融資を受けられるメリットがあります。ただし使い道や目的に制限があるので、柔軟性に欠けます。最も融通が利くのは、銀行や消費者金融など民間金融機関からの借入です。マイカーローン、住宅ローンといった目的別ローンのほか、キャッシングやフリーローン、カードローンといった自由度の高さも備わっています。注意しなければならないのは、金利の高さです。特に消費者金融系は金利が高く、複数の業者から借り入れをすると多重債務が負担になり、返済不能に陥る恐れがあります。どこから借りるにしろ、返済可能な範囲で利用しましょう。

関連リンク

e-お金が足りない|今月足りない分をなんとか乗り切る方法・・・今月だけ苦しい!そんな時、実はのローン会社にお金を借りる方法が一番スマートなんです。
どんな状況でも明日までなんとかお金を借りる方法・・・お金でお悩みの方になんとかお金を借りる方法をお教えしましょう。
あなたがどんな状況でも今すぐ確実にお金を借りる方法・・・「あー!お金がない!困ったなぁ・・・」そんな時、あなたならどうしますか?