「元利均等返済」と「元金均等返済」お得なのはどっち?

「元利均等返済」と「元金均等返済」お得なのはどっち?

住宅ローンなどの返済方法で、主流なのが「元利均等返済」と「元金均等返済」です。
元利均等返済とは、月々の返済額が一定の返済方法です。利息が一定なら、ローンの返済終了まで同じ返済額が続きます。返済額は同じでも、元金と利息の割合は変化しています。元金の減り方が遅く、支払総額が大きくなりがちなのがデメリットです。しかし、一定額の返済は返済計画を立てやすく、ライフプランに合わせて着実に返済できるメリットは見逃せません。
もう一方の元金均等返済は、月々一定額の元金を返済する方法です。元金の減りが早いため、それにかかる利息分の減少度合いも大きいのが特徴です。元利均等返済よりも返済総額が少ないのが魅力で、元金均等返済を選択する人が増えています。しかし元金の残りが多い支払初期は、返済額が高額になりがちです。住宅ローンのように長期返済が必要な場合、支払い能力に不安がある若い年代の時は返済額が大きく、年収が上がってくる中高年以降で返済額が小さいという現象が起こります。支払初期に行き詰ってしまわないよう、やはり計画が大切です。
将来、年収が上がっていく見込みがあるのか、転職の計画の有無、子どもの年齢などさまざまな要因を考慮して、どちらの方法で返済するかを選んでください。